廃棄物の搬入~搬出

廃棄物の搬入~搬出のフロー図

画像をクリックで拡大します。

1:積荷の搬入
ダンプカーのまま積荷を計量→
データを自動的にコンピューター入力→積荷したダンプカーは斜路を通り3階の粗選別場へ。
粗選別場では集塵装置や散水装置を完備。散水でほこりをおさえながらダンプアップ。
2:粗選別(3階)
大型の有価物(木、段ボール、鉄、非鉄、廃プラスチック類)と機械選別に不適の物を人力で除去(重機も使用)。
3:処理ラインへ供給(3階)
粗選別の荷はショベルローダで2階のグリズリフィーダに投入→手選別に不要な細かいものや土砂、ほこりを除去→それを手選別室をバイパスするコンベヤに流す→ふるいに残った大物は手選別コンベヤに積載。
4:手選別と貯留(2階)
手選別コンベヤが受け入れた荷は流れ作業で品目ごとに有価物を手選別→選別品は投入口からストックヤードに落とし、3階からの荷と一緒に集積。
5:破砕(1階)
有価物を取り除いた「残さ」をシュレッダ(回転衝撃式破砕機)で破砕。(この機械は不燃物と可燃物を一定の大きさに破砕する)
6:搬送(地下ピット→3階)
破砕物は先グリズフィーダで取り出された小さな荷とともにプレートフィーダ(振動コンベヤ)に送られ、エプロンコンベヤに均一積込→地下から3階上方の選別機へ搬送。
7:選別(2階機械室)

搬送途中の三次磁選機で、破砕後に分離した鉄や一、二次で取り逃がした鉄を除去→

●一次選別機・「トロンメル(回転式ふるい機)」で大きなもの、軽いものを可燃物として選別。→ふるい目を通過した細かい混合物はフレックスコンベヤ(急傾斜コンベヤ)で

●二次選別機・「風力選別・振動スクリーン」へと搬送→振動ふるい機で粒度を揃えた後、風力で軽い可燃物と重い不燃物に選別。中間の混合物については一部シュレッダに戻し再処理。

一部は三次選別機「精選機(反発浮上式選別機)」にかけて、純度のよい埋戻土を選別。
→各選別品は下方の各ストックヤードに落として一次貯留。

8:選別、貯留品の搬出(1階)
ストックヤードに一時貯留されている有価物、可燃物、不燃物は4t車、10t車に積載し、再生業者及び、処分業者に搬出する。
但し、廃プラスチック類は二軸式破砕機で破砕し、処分業者に搬出する。
グリズリフィーダ(振動ふるい機) シュレッダ(破砕機)
グリズリフィーダ
(振動ふるい機)
手選別を容易に行うために振動ふるいで不要物(土砂など)を取り除く
シュレッダ
(破砕機)
回転式ハンマによる衝撃で可燃物と不燃物を一定の大きさに破砕する。
圧縮梱包機 2軸式破砕機
圧縮梱包機
段ボールを圧縮・梱包して減容する。
2軸式破砕機
廃プラスチック類を破砕して減容する。
トロンメル(回転式ふるい機) 風力選別・振動スクリーン
トロンメル
(回転式ふるい機)
回転式ふるいと風力により可燃物を取り出し、ストックヤードに落とし込む。
風力選別・振動
スクリーン
振動ふるいで粒度を揃えた後、風力により重い不燃物と軽い可燃物に選別する。
精選機 集中操作室
精選機
風力選別・振動スクリーンで分けられた不燃物を、さらに選別して高純度化する。
集中操作室
全設備の遠隔操作、集中管理により自動制御を行う。

営業案内

  • 収集運搬のご案内
  • 持ち込み廃棄のご案内
  • 車両容器サイズ
  • その他サービス
  • Q&A

処理体制

  • 廃棄物の搬入~搬出
  • 公害対策
  • 地域との融和

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5676-0555
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ